49
 

でも、私から菜緒に電話をかけることはなかった。

私の都合などおかまいなしに毎日のように菜緒の方から電話があったからだ。
そして私が自分のことを話す暇もなく、菜緒は一方的に今日あったことを1時間ほど話して眠りについた。