2月12日
 

 5日が経とうとしていた。

田口巡査は、毎日2回顔を見せてくれた。

決まって朝10時頃と夕方5時頃。

今日は、ちょうど検温が終わった4時55分に2回目の訪問を受けた。
 

「どうですか、具合は?」

「頭痛の方は、ずいぶん良くなりました。」

「それは、よかった。実は、今日あなたにぜひお会いしたいという方をお連れしているんです。のりこちゃん、君もここに来て。」
 

田口巡査は、ドアを開けてその人を中に招き入れた。

即座にのりこが反応した。
 

「ママ!」
 

のりこは、その女性の胸に飛び込み泣きじゃくった。

その人は45、6歳の品のいい女性だった。

身なりは質素であったが、上品なセンスと知性を感じさせた。

そしてその女性ものりこを抱きしめて泣いた。
 

「のりちゃん、つらかったね・・・大丈夫・・・もう、大丈夫だからね・・・。」
 

母親は、バッグからハンカチを取り出してのりこの涙を丁寧に拭いた。
 

「ママ、ごめんね・・・」
 

田口巡査は、2人の肩をそっとたたいた。

そして、わたしに向かって言った。
 

「この方は、江渕可南子さんとおっしゃいます。当然、のりこちゃんは江渕のりこ、可南子さんの娘です。実は、今世間を賑わせている江渕譲氏の奥様とお嬢様なんです。」
 

私は、驚いた。
今、時代のまっただ中にわたしはいるのだった。

父親の政界を巻き込んだ汚職、そして隠し子の誘拐事件・・・16歳の汚れを知らない純真なのりこにとって、さぞかしつらく重い出来事だったに違いない。
 

「娘があなたにおかけしたご迷惑をどうかお許しください。そして、娘の命を助けていただいたこのご恩は一生忘れないでしょう。本当にありがとうございました。」
 

2人は寄り添うように深々と頭を下げた。
 

「どうか頭をお上げください。わたしは、自分の名前さえ覚えていません。つまりその・・・のりこちゃんを助けたことさえ覚えていないのです。それに、このまま記憶が戻らない方がわたしにとっては、都合のいいことかもしれませんし・・・だから、どうか気になさらないでください。のりこちゃんもね。」
 

のりこが、悔いているのは十分わかっていた。
 

「あの、今回のこと・・・つまり、記憶をなくされたことは私たちの責任と思っております。差し出がましいこととは思いますが、このまま私たちに身の回りのお世話を続けさせていただけないでしょうか。わたしたちもマスコミから身を隠している状態で不自由をしておりますが、せめて記憶が戻るまで・・・」

「それはいい。ね、ぜひそうさせてもらったらどうですか?」
 

確かに、この病院にいつまでもいるわけにはいかない。

あと3日で退院だった。

しかも今の私には、金もなく帰る家さえなかった。
 

「でも、ご迷惑じゃ・・・?」

「いえ、ぜひそうさせてください・・・ね、のりこも賛成でしょ?」
 

小さく頷いたのりこは懇願するような目つきでわたしを見た。
 

「ありがとう・・・本当は助かります。」

「よし、決まった! いやぁよかった、よかった。そうだ、明日の朝、気分転換に釣りにでも行きませんか? 僕、非番なんです。 過去は忘れちゃったことだし、この大島でのこと、あなたの第二の人生の一番最初の思い出になればいいですよね。」
 

田口巡査は、天真爛漫だった。
誠実そのものだった。

わたしは、彼がこの小さな島の巡査で終わるような男ではないと感じていた。